スポンサーサイト

伊藤潤二 『ブラックパラドクス』

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

NO TITLE

「うずまき」は何度読んでも「???」になる私です。
あれはホラーなのかギャグなのかっていうのが解らなかったんですけど
解らなくてよかったんだ!!
「富江」はエンドレスホラーというイメージがあるんですが・・・
時々ゾッとしませんか?全巻読んだわけじゃなくって
コンビニ漫画で読んだんですけど・・・時々妙なゾッがある漫画だなーと。
小指ってあれですよね?洞窟での話しですよね?
あれはちょっと笑ってしまったんですが・・・
でもあんな小さい富江にでも惹かれちゃうんですよね。
富江って凄い・・・。
久しぶりに伊藤潤二作品読みたくなりましたー。
短編集買おうかな・・・。

Comment by: 瑶姫  | 2009年 04月16日 | 編集

NO TITLE

@瑶姫さん

うずまきってまぁまぁわかりやすいと思わない?
掲載誌が一般誌の場合(うずまきとかギョとか)は比較的わかりやすい気が。
ホラーを理解するなんてナンセンス!そのわからなさも楽しもう(´∀`)

富江はあの確固たる富江らしさが好き。
それが一番現れてるのが「小指」だと思うの。そうそう洞窟のやつね。
醜い富江ってあんまりない設定だけど、そんな富江とラブもありなの!?
って思わせといて、やっぱり最後は富江だったってとこが好きなのよね。
富江はいつだって富江っていう、あの誇りがカッコイイ^^

こんな自己マン記事にコメントありがとう★

Comment by: れもん  | 2009年 04月16日 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。